欠航してもスターフライヤーはすぐに振替便を予約できます

- 欠航してもスターフライヤーはすぐに振替便を予約できます

最近の投稿

欠航してもスターフライヤーはすぐに振替便を予約できます

スターフライヤーに限らず、LCCは普通の大手航空会社と比較して、欠航率がとても高いので注意が必要です。


LCCは機材集めやパイロットの確保に難航して欠航することもあります

LCCの場合は、機材繰りが難航している場合に、機材が故障することで欠航することが多くあります。
また、格安航空券を提供している航空会社が増えた影響で、人材の需要が高まったために、パイロットを確保できなくて欠航することもあります。
通常、航空便が欠航する理由は、台風や大雪、強風などの天候にまつわる理由がほとんどですが、LCCはそれ以外の欠航理由が多いので、注意が必要です。

スターフライヤーが欠航したらすぐに振替便を予約できます

スターフライヤーが欠航した場合は、航空券満了日から延長30日までの間で振替便を予約することが可能です。
運賃にかんしては、もちろん、振替便の方が高い便になってしまったとしても、差額を追加で振り込む必要はありません。
逆に、申し込んだ便よりも運賃が安くなってしまった場合には、差額分の料金を払い戻してもらうことが可能です。

スターフライヤーの払い戻し方法は予約した方法によって異なります

振替便でなく、払い戻しを選択する場合は、航空券の有効期限から10日まで、または出発予定日から10日以内が払い戻し期限になるので、すみやかに申し込みましょう。
また、払い戻してもらう場所は、航空券の取得方法によって変わるので、しっかりと確認することが大切です。
具体的には、インターネットで申し込んだ場合には、インターネット、携帯サイト、国内線予約案内センター、スターフライヤー空港カウンターで払い戻してもらえます。
また、旅行会社や旅行サイトから予約した場合は、そのまま申し込んだ旅行会社から原い戻してもらえます。
LCCは格安航空券を提供している分だけ、どうしても欠航率が高くなっているので、そういうつもりで予定を組むようにしましょう。

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 お得で充実したLCCとは?オススメの格安航空券を教えます! All Rights Reserved.